Macで削除されたファイルを無料で復元する方法のための10の方法

Robert により 2022 年 9 月 19 日に更新 | Daryl Baxter によって承認されました

Macをご利用で、誤って重要な情報にアクセスできなくなることは、苦い経験に違いありません。このような状況は、必ずしも完全なデータ損失を意味するものではありません。あなたがファイルをどのように削除したかによって、Mac上で削除されたファイルをソフトウェアを使用して、または使用せずに回復するため利用できるいくつかの方法があります。

クイックナビゲーション
パート1. Macでデータ損失が発生する状況とは?
パート 2. Mac で削除されたファイルを復元する際に留意すべきヒント
パート3. ソフトウェアなしでMacで削除されたファイルを回復する7つの方法
パート4. ソフトウェアを利用してMac上の永久に削除されたファイルを無料で復元する3つの方法
パート5. 今後、Macのデータ損失を防ぐためのヒント
パート6. よくある質問

パート1. Macでデータ損失が発生する状況とは?

他のデバイスと同様に、Macでもデータ消失に直面することがあります。

このような状況に直面した場合、このガイドがちょうどあなたが必要とするものです。紹介するいくつかのテクニックは、ソフトウェアなしでMacで削除されたファイルを回復するのに役立ち、データ復旧のためのセンターにディスクを送信する必要はありません。また、ソフトウェアを使用して無料でMac上で永久に削除されたファイルを取得することもできます。あなたがより良い方法で状況を把握するのに役立ちますいくつかの役立ち情報も紹介します

パート 2. Mac で削除されたファイルを復元する際に留意すべきヒント

Macデバイス上のファイルを誤って削除したときに覚えておくべきいくつかのヒントは、次のとおりです。

パート3. ソフトウェアなしでMacで削除されたファイルを回復する7つの方法

ここでご紹介する方法は、ゴミ箱を空にしていない場合や、あらかじめファイルのバックアップをとっている場合に適しています。

方法1. ゴミ箱から削除されたファイルを取得する

Macデバイスでは「ごみ箱」と呼ばれるのが、削除したファイルを一時的に保存するスペースです。再び必要になった場合は、元のフォルダに戻すことができます。

  1. Macの右側、Dockにあるゴミ箱のアイコンを探します。もし見つからない場合は、Dockの設定をリセットしてください。
  2. ゴミ箱のファイルを確認し、回復したいファイルの選択を行う必要があります。手動でファイル名を調べたり、検索機能を使って特定の拡張子を持つファイルを探したりすることができます。
  3. 選択したファイル上で右クリックし、「戻す」のオプションを選択します。これでファイルが以前の場所に移動されます。もし、ファイルを特定の場所に移動させる必要がある場合は、ファイルを別のFinderウィンドウにドラッグ&ドロップすることができます。

これは、ソフトウェアなしでMacで削除されたファイルを回復する最も顕著かつ簡単な方法です。しかし、これらのファイルは30日間だけゴミ箱に保存されます。元の場所にファイルを保存したくない場合、最も簡単な方法は、ゴミ箱からファイルをドラッグして、任意のフォルダにドロップし移動させることです。

方法2. Time Machineを使用してMacで削除されたファイルを回復する

OS 10.5以上で動作しているすべてのMacは、Time Machineと呼ばれるビルトイン回復/バックアップツールを持っています。これによりMacユーザーは、ファイルやオペレーティングシステムのバックアップを別のハードドライブファイルに作成することができます。すべてのデータは、別のディスクに保存されたコピーを持つことになります。したがって、ファイルを削除した後、それらを回復するには、Time Machineを使用してバックアップファイルを抽出する必要があります。

  1. Finderアプリを開き、削除されたファイルが最初にあったフォルダに入ります。
  2. メニューバーで時計のアイコンをタップし、Time Machineを開きます。または、Launchpadやシステム環境設定を使用して開くこともできます。
  3. タイムラインと矢印を使用して、ローカルに保存されたバックアップとスナップショットを参照する必要があります。
  4. 最後に、復元を作成したい項目を選択し、「復元」オプションをタップして進みます。復元されたデータは、元の場所で見つけることができます。

方法3. ソフトウェアアプリに搭載されている自動復元機能を利用する

Macで削除されたファイルを追加のツールなしで復元できるかどうか疑問に思っているなら、その答えは「イエス」です。すべてのファイルに対してできるわけではありませんが、一般的に使用されているほとんどのアプリケーションは、ユーザー向けに内蔵の復元ツールを提供しています。有名な例としては、クラウド上にファイルを保存するオプションがある MS Office アプリケーション、自動保存機能がある Adobe のアプリケーション、その他ローカルまたはクラウドベースのアクティブな保存機能があるアプリが挙げられます。

このプロセスの例として、自動復元機能が Mac でどのように機能するか、また、保存されていない MS Word ファイルを復元するためにこの機能にどのような利点があるかについて見ていきます。Macで削除されたファイルをソフトウェアなしで復元する方法を学ぶには、以下のステップを参照してください。

  1. Finderを開き、Mac全体を保存場所として選択します。
  2. 検索バーに「autorecovery」と入力し、Enterキーを押します。コンピュータは、あなたの失ったMS Word文書用に作成したすべての回復ファイルを表示します。
  3. 保存したいものを選び、開いてください。
  4. MS Wordでファイルを開いたら、「ファイル」メニューの「保存」でパソコンに保存してください。

MS Wordやその他のOfficeアプリケーションで自動回復機能が有効になっている場合のみ動作します。

方法4. iCloudで削除されたファイルを確認する

Appleは、iCloudと呼ばれるクラウドストレージソリューションをユーザーに提供しており、Mac上で削除されたアイテムを回復するために使用することもできます。iCloudアカウントを使用して簡単にアクセスし、コンピュータに保存することができます。

  1. ウェブブラウザでiCloud.comを開き、iCloudの認証情報を使ってログインします。
  2. 画面上のオプションからiCloudドライブを開きます。
  3. ドライブフォルダで、ウィンドウの右下に「最近削除した項目」というオプションがあります。それをクリックすると、削除されたファイルが表示されます。
  4. 要なファイルを見つけて、「復元」ボタンをクリックします。削除されたすべてのファイルを保存したい場合は、「全て復元」を使用することもできます。

MacBook Airまたは他のMacデバイス上で削除されたファイルを回復したい場合、覚えておくべき重要なことは、Mac上でiCloudバックアップがアクティブな場合にのみ動作することです。あなたのファイルが定期的にバックアップされていない場合、何も検索できないでしょう。

方法5. Macで最近削除されたファイルを見つけるための他の方法

いくつかの選択肢は、あなたがソフトウェアを使用せずにMacで削除されたファイルを回復するのに役立ちます。しかし、より厳しい制限があります。

上記の方法がすべてうまくいかなかったとしても、心配しないでください。データ損失のトラブルを解決するために、ソフトウェアを試すことができます。

パート4. ソフトウェアを利用してMac上の永久に削除されたファイルをで復元する3つの方法

多くの人がサードパーティのフリーウェアを使用して、Macで削除されたファイルを回復することが可能かどうかを疑問に思っていると思います。ありがたいことに、その答えは「イエス!」です。数多くのアプリが見事にファイルを回復することができます。もちろん、それぞれのアプリには制限があるため、最も多くの機能と信頼性を提供する最高のものを見つけることが必要です。私たちがオススメを紹介いたしますので、あなたの手間を省くことができます。

方法1. iBeesoftデータ復元を使用してMac上で永久に削除されたファイルをで復元する

Macで削除されたファイルを無料で復元できる最高のソフトはiBeesoft データ復元Mac版です。このソフトはデータ復元に必要な、すべての機能を備えています。何百ものファイル形式をサポートしているので、めったに使わないファイルでも認識することができます。また、USBドライブ、外付けハードディスク、メモリカードなどから削除されたファイルを無料で復元することができます。

最高のフリーウェアを使用してMac上で永久に削除されたファイルを回復するには、以下の手順を実行してください。

  1. MacデバイスにiBeesoftデータ復元ソフトウェアをダウンロードし、インストールします。
  2. メイン画面のメインウィンドウでサポートされているファイルの種類を見ることができます。必要ないオプションのチェックを外して、必要なファイルを検索する時間を節約することができます。すべてのオプションにチェックを入れておくと、スキャンプロセスが完了するまでに数分以上かかるためご注意ください。ここで、「開始」ボタンをクリックしてください。
  3. 次の画面で、スキャン可能なすべてのストレージデバイスのリストが表示されます。ファイルを失ったハードディスクを選択し、画面左上の青い「スキャン」ボタンをクリックすると、スキャン処理が開始されます。
  4. スキャンが完了したら、メインウィンドウに検出されたファイルが表示されます。ファイルカテゴリをクリックし、右側から、プレビューカテゴリオプションを確認できます。対象のファイルを選択し、デバイスにファイルを保存するために「回復」オプションをクリックしてください。

初期スキャンで目的のファイルが表示されない場合は、上部の「ディープスキャン」ボタンをクリックして、各セクタを徹底的に分析することもできます。通常より時間がかかるかもしれませんが、復元可能なすべてのファイルが表示されます。

方法2. PhotoRecでMac上の永久に削除されたファイルを無料で復元する

PhotoRec はオープンソースのデータ復元ソフトウェアです。優れたファイル復元機能を備えていますが、残念ながらグラフィカルなインターフェースはありません。そのため、多くのユーザーにとって利用が難しいツールです。

  1. PhotoRecをダウンロードした後、起動してください。
  2. ディスク > パーティション > ドライブのファイルシステムを選択し、保存します。
  3. 見つかったファイルを確認します

方法3. ローカルデータ復元サービスでMac上の永久に削除されたファイルを復元する

どの方法もうまくいかない場合は、この方法は、あなたのMacで削除されたファイルを回復するのに利用できる最後の選択肢です。評判の良い、信頼できるデータ復旧サービスセンターにて、あなたのMacで直面している問題の詳細を共有することができます。

  1. データ復旧サービスに相談し、具体的な復旧方法を相談します。問題点を詳しく説明し、どのように対応するのがベストなのかを確認します。
  2. 回復のためにドライブを送る必要がある場合、最も安全な配送方法を検討し、ドライブを送ってください。
  3. リカバリーセンターの担当者は、ドライブを検査し、復旧の可能性、必要な方法、必要な料金などの詳細を説明します。その内容に同意し、復旧作業を開始します。
  4. データ復旧が完了したら、復旧したドライブが返送されます。

パート5. 今後、Macのデータ損失を防ぐためのヒント

今後、Macデバイスのデータ損失を防ぐには、具体的に留意すべき点があります。

まとめ

ご覧のように、Macで削除されたファイルを回復する方法はたくさんあり、それぞれに従う必要があるルールがあります。非常に明確であることの一つは、専門的な回復サービスが不足しており、最良の選択肢は、iBeesoftデータ復旧 Mac版のような優れた回復ツールの利用です。

iBeesoftデータ復旧 Mac版は、損傷し、破損したドライブのすべての種類のデータを回復することができ、最も不明瞭な形式を検出できます。つまり、ソフトウェアを利用して無料でMac上で永久に削除されたファイルを回復できることを意味します!ここで学ぶべき重要な教訓は、重要なデータを慎重に扱い、不慮の削除から保護し、定期的にバックアップを取り、永久に失わないために敬意を払う必要があるということです。

よくある質問