目次

Macで未保存/削除されたWord文書を復元する方法

ホーム手引きRobertによる更新日:2024-07-08 | Nancyによって承認されました

どのような理由であれ、貴重なWord文書を失うことは時にとても辛い経験にあることがあります。MacでWord文書を復元したり、Wordで破損したファイルを修復するには、いくつかの効果的な方法があります。ビルトイン機能からサードパーティ製ツールまで、その手順をご案内し、あなたの作業を不測の事態から確実に守る方法をご紹介します。

MacでWord文書が消えたのはなぜですか?

その原因は様々ですが、一般的な原因には以下のようなものがあります。

  • Word文書の紛失原因
  • 何が起こるのか
  • 解決策

これらのmacOS上でドキュメントを失う一般的な理由を理解することは、効果的な復元戦略を実施する上で非常に重要です。次に、MacでWordファイルを復元するためのソリューションを確認しましょう。

Macで保存されていないWord文書を復元する方法

クラッシュやその他の理由で進行中の作業を失いましたか?恐れることはありません。保存されていないWord文書をMac上で探すための複数のソリューションがあり、あなたを支援してくれます。

方法1:内蔵の自動回復機能を利用する

この機能は、Macでのドキュメント紛失に対する最初の防御策として機能します。あなたの作業をバックグラウンドで静かに保存し、災害が発生した後に効果的な復元ソリューションを提供します。

A. Wordのインターフェイスから復元を実行する

Mac上でプログラムが予期せずシャットダウンしてない状況で最近ドキュメントを紛失した場合、Wordを使って保存されていないドキュメントを復元できる可能性があります。

  1. Wordを開き、「ファイル>最近開いたファイル」を開きます。

  2. 未保存のドキュメントをリストで確認します。
  3. 再度開き、新しい場所に保存します。

B. 自動回復フォルダから復元を実行する

この方法は、あなたの作業が突然プログラムやシステムのクラッシュのために失われた場合に特に便利です。Macで保存されていないWord文書を復元するには次の手順に従ってください。

  1. Finderを開き、「移動 > フォルダに移動」をクリックします。

  2. Wordのバージョンに応じた場所を入力ボックスにコピーし、「移動」をクリックします。

    Word 2016以降の場合: /Users/<username>/Library/Containers/com.Microsoft/Data/Library/Preferences/AutoRecovery
    Word 2011の場合: /Users/<username>/Library/Application Support/Microsoft/Office/Office 2011 AutoRecovery/
    Word 2008 と2004の場合: /Users/<username>/Documents/Microsoft User Data/Office [version] AutoRecovery/
  3. 「AutoRecovery save of」で始まるファイルを探してください。

  4. 目的のファイルが見つかったら、Wordで開き直し、再度保存します。

ヒント: Wordのバージョンやパスが間違っていることを確信できない場合は、直接Finderの検索ボックスに「AutoRecovery」と入力してこのディレクトリを見つけることもできます。この方法は、Mac上で保存されていないPowerPointの回復に役立ちます。

方法2:一時フォルダから回復する

保存されていない文書はどこに隠れているのでしょうか?Wordが検知できていない場合、「一時フォルダ」の中にあるかもしれません。このフォルダには、アプリケーションやプロセスによって生成された一時ファイルが短期間保存されるので、運試しにここを確認してみてください。

  1. ターミナルを開き、「open $TMPDIR」と引用符なしで入力し、Enterを押します。
  2. 「com.microsoft.Word」または 「Temporaryitems」で始まる名前のフォルダを探します。
  3. これらのフォルダの中から、Wordに関連するファイル、または拡張子が.tmp のファイルを探します。

  4. 未保存のドキュメントに似た一時ファイルを見つけたら、Macの安全な場所にコピーします。
  5. ファイルの拡張子を.docxに変更し、Wordで開いて作業を復元します。

方法3:リカバリーツールを使う

それでも一時フォルダにドキュメントが見つからない場合は、iBeesoftデータ復元 Mac版のようなサードパーティソフトウェアの使用をご検討ください。その最新バージョンはAI技術を活用し、ハードドライブに保存されたあらゆるアイテムを復元します。

Macで保存されていないWord文書を復元するには、以下の手順に従ってください。

  1. iBeeosftデータ復元をMacにダウンロードしてインストールします。
  2. 起動した後、紛失したWordがあるハードドライブを選択し、「Scan」をクリックします。
  3. 左側のパネルで「Unsaved Documents」をクリックし、右側の上部メニューで「.Doc/Docx」に切り替えます。

  4. 紛失したワードを見つけてダブルクリックし、内容を確認します。
  5. 保存先を確認後、「Recover」をクリックします。

上記の方法は簡単でわかりやすく、Macで保存されていないWord文書を復元する方法を簡単に学ぶことができます。文書それ自体失われたわけではなく、古いバージョンに戻したい場合は、次のセクションをご覧ください。

Macで以前のバージョンのWord文書を復元する方法

文書を完成させてから、前のバージョンの方が内容が良かったことに気づいたことはないでしょうか。元に戻すオプションを使っても、いつも理想的なバージョンに戻れるとは限りません。でもご心配なく。ここで紹介するソリューションは信頼性が高く、きっとあなたの役に立つはずです。

方法1:バージョン履歴を確認する

Microsoft Wordは、時間の経過とともに文書に加えられた変更を追跡し、異なるバージョンを表示したり比較したりすることができます。事故が発生した場合、この機能を使って後戻りすることができます。バージョン履歴にアクセスする方法は以下の通りです。

  1. バージョン履歴にアクセスしたい文書を開きます。
  2. 上部メニューの「ファイル」をクリックし、「バージョン履歴を見る」を選択する。
  3. 選択したバージョンの下にある「バージョンを開く」ボタンをクリックすると、内容が表示されます。

  4. 必要なバージョンが確認できたら、新しい場所に保存し直します。

方法2:Time Machineを使う

バージョン機能で過去のバージョンが表示されない場合、Time Machineを有効にしておけば、iMacとMacBookのWord文書復元に効果的なソリューションとなります。

  1. Time Machineバックアップディスクが接続されていない場合は、接続します。
  2. Word文書があるべきフォルダの場所に移動します。
  3. Time Machineを開き、タイムラインを使って必要な文書のバージョンを探します。
  4. 紛失したWord文書を選択し、「復元」をクリックします。

この2つの方法を使えば、あなたの文書は過去の履歴データとともにあなたの手元に戻ってくるはずです。誤って削除してしまったり、人為的なミスで消えてしまった場合は、続きをお読みください。

Macで削除/紛失したWord文書を復元する方法

誤って削除したり、ボリュームをフォーマットしたりすることも、ドキュメントを失う原因です。Macで未保存のWordドキュメントを復元する方法とは異なり、ファイルを失うこの事故はもっと根本で発生します。したがって、上記のオプションは利用できません。しかし、落ち込まないでください。以下の方法を利用いただけます。

方法1:ゴミ箱リポジトリの探索

ほとんどの場合、ファイルを削除しても、すぐにシステムから消えることはありません。その代わりに、ゴミ箱に移動されるため、Mac上でWordを簡単に復元するチャンスがまだあります。

  1. デスクトップのゴミ箱アイコンをダブルクリックします。
  2. 削除したWord文書を探します。
  3. 該当の文書を右クリックし、「戻す」を選択します。

文書は元の場所に表示されます。ゴミ箱を空にしてしまった場合や、ゴミ箱にない場合は、次の方法に進んでください。

方法2:専用ソフトウェアを使用する

上記の方法が失敗した場合、最良の選択肢は専門的なツールであるiBeesoft データ復元ソフトMac版です。

ここでは、MacでWord文章を復元する方法について説明します。

  1. iBeesoftデータ復元をダウンロードしてインストールします。
  2. iBeesoftデータ復元を起動し、スキャンするドキュメントを紛失したドライブを選択します。

  3. スキャン後、ファイルをプレビューして整合性を確認し、選択します。
  4. 「復元」ボタンをクリックし、安全な保存場所を選択します。

方法3:プロの復旧サービスを利用する

重要なビジネスデータやかけがえのない個人ファイルを失うなど、ドキュメントの紛失が深刻な災いを引き起こすことがあります。しかし、サードパーティの復旧サービスは、他のすべての方法が失敗したときにあなたの唯一の希望かもしれません。Macで失われたWordファイルを復元したい場合は、近くのサービスプロバイダを検索しましょう。

Macで破損したWord文書を修復する方法

Macで保存されていない/削除されたWord文書を復元する際、開けないことに気づき、ひどくイライラすることを想像してみてください。ご心配なく。以下の方法を試して、文書を元の状態に復元しましょう。

方法1:Microsoft Wordを利用する

  1. 「ファイル>開く」をクリックします。
  2. 破損したドキュメントを選択し、右下の「開く」をクリックします。
  3. メニューから「修復」を選択します。

方法2:拡張子を変更する

  1. 破損したWord文書のコピーを作成します
  2. ファイルの拡張子を.docxから.zipに変更します。
  3. アーカイブの内容を展開します。
  4. 「word」フォルダを探し、「media」フォルダに移動します。
  5. 問題の原因となる画像や埋め込みファイルがないか確認します。

方法3:テキスト復元コンバータを使う

  1. マイクロソフトのウェブサイトからダウンロードします。
  2. 破損したWord文書でコンバータを実行し、復旧を試みる。

方法4:オンラインツールを試す

  1. https://word.recoverytoolbox.com/online/
  2. https://online.officerecovery.com/word/
  3. https://onlinefilerepair.com/word

文書の紛失を防ぐヒント

これらの方法は、文書紛失の際の救世主となり得ますが、予防が常に最善の解決策であることをお忘れなく。MacでWord文書を復元して安心した後は、今後このような事故を未然に防ぐための積極的な対策を講じるようにしましょう。

これらの習慣に従うことで、Word文書を安全に保つことができます。

まとめ

Macで保存されていない、または紛失したWord文書をうまく復元すれば、あなたの作業を救出できます。このガイドを読めば、デジタル災害を防ぎ、Wordソフトウェアを本来の目的である「作成する」ことに集中することができます。Wordのリカバリーは、しばしば時間との戦いであることを覚えておくことが重要です。ファイルを失ってから時間が経てば経つほど、永遠に失ってしまう危険性が高まります。早急な対応と日常的なバックアップ戦略が、永久的なファイル紛失に対する最善の防御策です。

よくある質問

  • Microsoft Wordは、Macではデフォルトで10分ごとにファイルを自動保存します。この画面を調整するには、「Word>環境設定>保存」と進み、「自動保存/自動回復」ボックスに文書を保存する頻度を入力します。

  • MacのWord文書が予期せず閉じられた場合、Wordは通常、次に開いたときに未保存の文書を自動回復します。これがうまくいかない場合は、「ファイル > 開く > 最近」セクションを開くと、復元されたファイルが表示されることがあります。どの方法でもうまくいかない場合は、Finderを開き、検索ボックスに「AutoRecovery」と入力して、「AutoRecovery」で始まる文書を探します。

  • この場合、ファイルは保存されません。ですが、ご心配なく。Wordに内蔵されている自動回復機能を使えば、まだ高い確率で回復できます。Wordを再度開くと、未保存の文書を復元するよう促されるはずです。そうでない場合は、「自動回復」フォルダを確認してください。自動回復機能は時間の経過とともに上書きされる可能性があるため、未保存の文書を確認するのが早いほどよいことを覚えておいてください。

  • Macで未保存の文書を見つけるには、Wordを再び開き、「最近」タブをチェックします。そこに文書がない場合は、質問2で述べた手順で検索を完了させてください。

  • いくつかのサードパーティのアプリケーションは、Mac上で保存されていないWord文書を復元するのに役立ちます。iBeesoftデータ復元Mac版やRecoverit のようなソフトウェアは、より高度な復元オプションを提供しています。

  • Word文書をMacから削除すると、ゴミ箱に移動します。ゴミ箱を開いて文書を探し、右クリックして「戻す」 を選択してください。ゴミ箱が空になっても、iBeesoftデータ復元Mac版やDisk Drillなどのソフトウェアを使って、Macで削除されたファイルを復元することができます。