目次

Macで保存されていない/削除されたExcelファイルを復元する方法

ホーム手引きNancyによる更新日:2024-07-08 | Daryl Baxterによって承認されました

Mac版エクセルで何時間もかけて入念に行った作業が、予期せぬ事態によって無駄になったことはありませんか?誤って閉じてしまった未保存のスプレッドシートであれ、見つからない削除されたファイルであれ、イライラは避けられません。このガイドでは、Macでエクセルファイルを復元する様々な方法をご紹介します。

Macでワークブックが消えたのはなぜですか?

MacでのExcelファイル紛失と言うと、いくつかの一般的な消失ケースがあります。これらのケースを理解しておくことは、タイムリーなリカバリの重要性を理解するために不可欠です。以下はその紛失のケースです。

このような事故が起こる原因は他にもたくさんあるが、積極的な対策を講じることで状況を逆転させることができます。

Macで未保存のExcelファイルを復元する方法

予期せぬシャットダウンや不慮の終了により、Excelファイルの変更が保存されないことがあります。諦めてすべての作業をやり直す前に、以下の方法を試してみてください。

方法その1. プロンプトダイアログを使用する

Microsoft Officeスイートの多くのアプリケーションと同様、Mac版エクセルにも、一定の間隔で作業を自動的に保存するように設計された自動復元機能があります。この機能は、文書を手動で保存していないときの救世主になります。

Macで保存されていないExcelファイルの回復の手順は次のとおりです。

  1. アプリケーションフォルダ内の「Microsoft Excel.app」をダブルクリックします。

  2. しばらく待つと、「予期せぬ停止」というプロンプトが表示されます。
  3. 「開く」をクリックして、保存されていないエクセルファイルを読み込みます。

  4. メニューバーの「ファイル→名前を付けて保存」を選択し、再保存します。

このプロンプトが表示されない場合は、以下をご確認ください。

方法その2. 自動復旧情報を確認する

  1. macOSでエクセルを開く。
  2. ツールバーの下に 「回復されたワークブックを開く」というプロンプトが表示されます。
  3. 「はい」をクリックしてExcelファイルを確認し、保存します。

上記の2つのMac上でのエクセル自動回復の方法は、アプリによって自動的に実行されます。これらは、Mac上で保存されていないWord文書の回復に適しています。この方法が使えない場合は、以下の受動的な方法をご確認ください。

ヒント:お使いのMacで自動回復が設定されていることを確認するには、「Excel>環境設定>保存」と進み、「次の間隔で自動回復用データを保存する」オプションがチェックされ、お好みの時間間隔に設定されていることを確認してください。

方法その3.最近使ったファイルを利用する

エクセルのこの機能は、未保存のエクセルを含め、最近使用したドキュメントに素早くアクセスして開くことができる便利な機能です。以下、エクセルでの活用方法をご紹介します。

  1. 「ファイル > "最近使ったファイル」を開きます。

  2. 保存に失敗したExcelファイルを探して選択します。
  3. 開いたら、すぐに文書を保存します。

方法その4. 手動でリカバリーを試みる

MacのExcelでは、自動復元機能が定期的に作業の一時的なコピーを自動的に保存するように設計されており、クラッシュや予期しないアプリケーションの終了時に保存されていない変更を復元するのに役立ちます。以下では、Mac版エクセルで未保存のファイルを復元する方法をご紹介します。

  1. Finderを開き、メニューバーの「移動」をクリックし、「Option」キーを押し続けます。
  2. 「ライブラリ」をクリックして、このフォルダにアクセスします。
  3. 「~/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Library/Application Support/Microsoft」に移動します。
  4. このフォルダに、「*.xlsb」のような名前の一時ファイルがあるはずです。これらのファイルには、Excelが定期的にキャプチャする自動保存データが含まれています。

  5. エクセルで開き、保存します。

方法その5. 一時ファイルをチェックする

自動復元ファイルに作業内容が表示されないことがあります。このような場合は、一時フォルダに保存されていない Excel 文書がないか確認してください。

  1. Macの「Finder」を開きます。
  2. メニューから「移動」を選択し、「フォルダへ移動」を選択します。
  3. 「/var/folders」と入力し、「移動」をクリックします。

  4. Finderウィンドウの検索バーを使い、「Excel」と入力し、検索が「TemporaryItems」に設定されていることを確認し、検索を絞り込みます。

  5. エクセルで疑わしいファイルを個別に開き、内容をチェックします。

方法その6. OneDrive/SharePointを利用する

Microsoft 365に加入していれば、もう一つの素晴らしい機能である自動保存を利用できます。これは、ファイルをOneDriveまたはSharePointにリアルタイムで自動的に保存します。自動保存が有効になっていれば、そこから復元されたExcelファイルが見つかるかもしれません。

  1. エクセルを開き、「ファイル>開く」をクリックします。
  2. ファイルが保存されている場所に応じて、「OneDrive」または「SharePoint」を選択します。
  3. 最近開いたエクセルを選択し、「ダウンロード」をクリックします。

注:自動保存は、ローカルファイルではなく、OneDriveまたはSharePointに保存されたファイルで作業している場合にのみ機能します。

方法その7. プロのリカバリーツールを使う

Macで保存されていないExcelファイルを見つけるために上記の内蔵機能を利用する方法が機能しない場合、Mac用のデータ復元ソフトウェアが役に立ちます。iBeesoft データ復元Mac版を試すことができます。

以下はMacで保存されていないExcelを復元するための手順です。

  1. お使いのシステムにiBeesoftデータ復元をダウンロードしてインストールします。
  2. Excel文書が保存されているハードドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。
  3. スキャン完了後、左側の「Type」を選択し、「Unsaved Documents」をクリックします。

  4. 上部のフィルターアイコンをクリックし、「xls/xlsx」を選択します。
  5. 保存していないエクセルを探し、「Recover」をクリックします。

Macで削除/紛失したExcelファイルを復元する方法

複雑な財務モデルであろうと、個人の予算表であろうと、重要なビジネスデータであろうと、エクセルファイルの消失はイライラするものです。幸いなことに、ここではその復元を支援します。

#1. macOSの検索を活用する

ワークブックが理由なく元の場所から消えてしまったことはありませんか?誤って別の場所に移動してしまった可能性があります。そのような状況では、Mac上で失われたExcelファイルを取り戻すために、以下の方法を試すことができます。

  1. 「Finder」を開き、「このMac」に切り替えます。
  2. 検索ボックスに「.xls」と入力し、「Excelドキュメント」を選択します。

  3. 検索完了後、消えてしまったワークブックがないか確認します。

#2. ゴミ箱をチェックする

これは誤って削除してしまったExcelファイルをMacで復元する最も簡単な方法です。

  1. Dockにあるアイコンをクリックして「ゴミ箱」を開きます。
  2. 中身を確認して、削除したワークブックを探します。
  3. ファイルを右クリックし、「戻す」を選択して元の場所に移動します。

#3. Time Machineバックアップを使う

これはMacOSに内蔵されているバックアップ機能で、ワークブックが失われる前に設定しておけば、Mac上で削除されたExcelファイルを素早く復元できます。

  1. Time Machineバックアップに使用する外付けドライブを接続します。
  2. Time Machineを開きます。
  3. バックアップからExcelファイルを探します。
  4. ファイルを選択し、「復元」を押して再保存します。

#4. ファイル復元ソフトを試す

多くのサードパーティのアプリケーションは、Mac上で削除されたファイルを回復するために設計されています。上記の方法で結果が得られない場合、これらが特に役立ちます。時間を節約するために、iBeesoft データ復元Mac版を使用し、上記の手順に従ってMacで保存されていないExcelファイルを復元し、プロセスを完了することができます。

追加情報: Mac で上書き保存した Excel ファイルを復元する方法

エクセルの重要なデータ、数式、ピボットテーブルを誤って保存してしまい、保存前の内容が最高だったことに気づいたことはありませんか?ご心配なく。以下の方法で、必要なバージョンにロールバックできます。

#1. 旧バージョンを利用する

  1. 上部メニューの「ファイル > バージョン履歴の参照」をクリックします。

  2. 必要なバージョンを選択し、開きます。

#2. クラウドストレージを使う

OneDriveまたはSharePointを使用してExcelファイルを保存している場合、これらのプラットフォームで保存されたMac上のExcelファイルを復元することができます。

OneDriveの手順:

  1. OneDriveのウェブサイトにアクセスし、認証情報でログインします。
  2. 必要なExcelファイルを探します。
  3. ファイルを右クリックし、「バージョン履歴」を選択します。
  4. 古いバージョンを選択し、「復元」をクリックします。

SharePointの手順:

  1. ファイルが保存されているSharePointサイトにアクセスします。
  2. ドキュメントライブラリでワークブックを探します。
  3. その横にある省略記号(...)をクリックし、「バージョン履歴」を選択します。
  4. 必要なものを選択し、「復元」をクリックします。

Mac上でExcelファイルの紛失を防ぐには?

上記の方法でMac上のExcelファイルを復元することは可能ですが、最善の策は紛失を予防することです。以下はそのためのヒントです。

これらの注意事項に従えば、あなたのワークブックを安全に保管できます。

まとめ

Mac上のExcelファイルを紛失により、ワークフローが混乱し、不必要なストレスの原因になります。幸いなことに、この記事を参考にすれば、Macで未保存のExcelファイルや削除されたExcelファイルを復元することができます。Excelの内蔵機能、一時ファイルの活用、バックアップからの復元、サードパーティ製ツールの活用など、どの方法を使ってもデータを復元できる可能性は十分にあります。また、予防が重要であることを忘れずに、将来のファイル紛失の可能性を最小限に抑えるための積極的な対策を講じてください。

よくある質問

  • 自動保存ファイルは通常、「/Users/<username>/Library/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Library/Application Support/Microsoft」に保存されています。このフォルダにアクセスするには、Finderを開いて「Cmd + Shift + G」を押し、パスを貼り付けます。

  • 誤って削除してしまった場合は、ゴミ箱を確認してください。そこで見つからない場合は、Macのデータ復元ソフトを使うか、Time Machineやクラウドストレージサービスのバックアップを確認してください。

  • これは難しいかもしれませんが、Time Machineを使って以前のバージョンのファイルを復元したり、元のデータの一部が含まれているかもしれない一時ファイルをチェックしたりすることで復元できる可能性があります。

  • 難しいかもしれないが、不可能でありません。Time Machineやクラウドストレージのバックアップがあれば、簡単に復元できます。そうでない場合は、iBeesoft データ復元Mac版、Disk Drill、TestDiskのような専門的なツールを使ってディスクをスキャンし、それらを再現することもできます。

  • iBeesoftデータ復元Mac版、Recoverit、またはProsoft Data Rescueのようないくつかのソフトウェアは、その信頼性、パフォーマンス、およびユーザーフレンドリーなインターフェイスにより、Mac上で削除または紛失したExcelファイルを復元するために強く推奨されています。