USBから削除されたファイルを回復する方法

Nancy により 2022 年 11 月 23 日に更新 | Anthony Spadafora によって承認されました

USBフラッシュメモリは、私たちが仕事や生活の中でよく使うモバイルストレージ機器です。重要なデータを保存したり、異なるデバイス間でファイルを転送したりするためによく使用されます。もし、USBドライブに必要なファイルが見つからない場合は、次のような原因が考えられます。

これらは、USBメモリからファイルが失われる一般的な理由です。では、USBメモリから削除されたファイルを復元することはできるのでしょうか?心配しないでください。この記事では、それらを復旧するためのいくつかの方法を紹介します。

クイック ナビゲーション
パート1.データ復元ソフトでUSBから削除されたファイルを回復する【高い復元成功率】
パート2. ソフトウェアなしでUSBから削除されたファイルを回復する【無料】
パート3. データ復旧サービスによるUSBメモリの復旧 [高コストと時間がかかる]
パート4. USBメモリに保存したファイルを保護する方法
パート5. データ消滅を防ぐために破損したフラッシュドライブを修復する方法
パート6. よくある質問

データ復元ソフトでUSBから削除されたファイルを回復する

誤ってUSBメモリからファイルを削除してしまった場合、パソコンのように「ごみ箱」からファイルを取り戻すことはできません。それらは永遠に消えてしまうのでしょうか?いいえ。フラッシュドライブからファイルを削除すると、システムによって削除済みとマークされ、非表示なり、新しいデータによって上書きされるのを待っている状態になります。新しいファイルが書き込まれていなければ、USBドライブに残っているので、USBで削除されたファイルを復元できる可能性があります。

このタスクを実行するためには、信頼できる信頼できるソフトウェアを利用する必要があります。例えば、iBeesoftデータ復旧ツールは、Windows 7/10/11とMacで削除されたフラッシュドライブファイルを回復するために世界中で使用されています。この熟練したツールは、マルウェア攻撃、誤って削除、フォーマット、またはUSBフラッシュドライブから他の理由によって失われたデータの高速な回復を容易にします。iBeesoft USB リカバリ ソフトウェアは、数秒でこの問題を解決します。

安全で効果的な USB リカバリ ソフトウェア

(Trust Score 4.7 by 1695 Users)
  • 素早くSDカードから削除されたファイルを回復
  • 部分的に破壊されたファイルを修正でき、Windows および Mac 用のバージョンが利用可能です。
  • 誰でも簡単に使えるシンプルなインターフェースを備えています。
Windows用のダウンロード macOS用のダウンロード

Windows 11/10/7でUSBドライブから永久に削除されたファイルを復元する方法

  1. iBeesoft データ復元ソフトをダウンロード、インストールし、実行します。「設定へ」をクリックして、不要なファイルの種類の選択を解除します。複数のカテゴリーのファイルを見つける必要がある場合は、このステップをスキップすることができます。
  2. 「外部デバイス」より、コンピュータに接続されているすべてのリムーバブルストレージデバイスを見ることができます。対象のドライブを選択し、「スキャン」のシンボルをタップして、USBフラッシュドライブから削除されたファイルを抽出します。
  3. フラッシュドライブのスキャンが完了した後、失われたすべてのファイルを見ることができます。対象を選択し、「復元」アイコンを押して、PCや他のドライブに保存します。

ヒント:紛失したUSBファイルがすべて見つからない、または開けない場合、「その他の紛失ファイル」と「タグ」フォルダに移動し、確認してください。また、この手順を使用して、Mac上のUSBドライブから削除されたファイルを回復することができます。

フラッシュドライブのデータ復旧のためのその他の 5 つのソフトウェア

誤ってファイルを削除したり、USB ドライブをフォーマットしたりすると、失われたデータを見つけるのにイライラすることがあります。 幸いなことに、USB ドライブから削除されたファイルを復元するのに役立つソフトウェア プログラムがたくさんあります。 iBeesoft Data Recovery は、復元率と使いやすさの点で最高ですが. ただし、次の 5 つの有名なツールは引き続き参照できます。

  1. R-Studio
  2. これは、Windows と Mac の両方のコンピューターをサポートするプロフェッショナル グレードのデータ回復プログラムです。 RAID アレイやディスク イメージのサポートなど、ドライブ リカバリのための広範な機能セットを提供します。 さらに、R-Studio はネットワーク経由でリモート リカバリを作成できるため、複数のコンピュータを使用する企業にとって理想的なツールです。

    長所
    独自のファイル カービング アルゴリズムを使用して、USB、ディスク、SD カードなどから削除されたファイルを復元します。
    また、ディスク イメージをパスワードで暗号化してデータを保護することもできます。
    短所
    ユーザーインターフェースはフレンドリーではありません。
    複雑な分析を実行すると時間がかかる場合があります。
  3. Disk Drill
  4. 高度なスキャン エンジンを備えており、ひどく損傷したストレージ デバイスからでも削除されたファイルを復元できます。 さらに、Disk Drill は復元されたファイルのプレビューを提供するので、保存する前に必要なデータを取得していることを確認できます.

    長所
    また、バックアップ、ワイプ、およびその他の機能オプションもあります。
    結果ページではファイルの種類ごとに並べ替えられているため、目的のファイルを簡単に見つけることができます。
    短所
    有料版は高い。
    一部のファイルをプレビューできません
  5. OnTrack EasyRecovery
  6. Windows 10、11、および Mac で USB から削除されたファイルを復元する簡単で効果的な方法を探している場合は、OnTrack EasyRecovery が最適です。 高度なアルゴリズムを使用して、欠落しているデータを抽出します。 ファイルがどのように消えても、あらゆるタイプのストレージ デバイスからファイルを見つけます。

    長所
    また、復元したファイルを復元する前にプレビューする組み込みのファイル ビューアーも含まれています。
    RAID回復をサポート
    短所
    試用版は基本的な機能のみを備えています。
    プログラムにアクセスするには、個人情報を送信する必要があります。
  7. EaseUS Data Recovery Wizard
  8. 誤ってファイルを削除してしまった場合でも、ドライブがクラッシュした場合でも、EaseUS Data Recovery はデータを取り戻すのに役立ちます。 すべての主要な OS と互換性があり、多くのファイル タイプをサポートしています。 したがって、数回クリックするだけで、完全に削除されたファイルをフラッシュドライブからすばやく簡単に取得できます。

    長所
    スキャン結果を保存できます。
    使いやすい
    短所
    スキャンが遅い
    高価なサブスクリプション
  9. UnDeleteMyFiles
  10. 失われたファイルを復元できる小さなプログラムです。 削除されたアイテムの兆候がないかドライブをスキャンしてから、それらを元に戻すことで機能します。 このプログラムには、ユーザーが回復するファイルの種類と保存場所を選択できるシンプルなインターフェイスがあります。

    長所
    これは無料のプログラムであり、さまざまな貴重な機能を統合しています。
    ファイルを簡単に見つけるための高度なフィルターがあります。
    短所
    回復が悪い
    見つかったアイテムをプレビューすることはできません。

成功することが 100% 保証されているわけではありませんが、USB や別のドライブから削除されたファイルを復元する必要がある場合は、試してみる価値があります。

無料でUSBから削除されたファイルを回復

ソフトウェアを使用せずに、USBから削除されたファイルを回復することはできますか?いくつかの方法で、実現できる可能性があります。前提条件として、いくつかの要件を満たしている必要があります。以下で、試してみましょう。

方法1. ショートカットキーを使ってフラッシュドライブから削除を解除する

一般的に、保存されたファイルの編集、コピー、削除などを行うには、USDドライブをパソコンに挿入する必要があります。そのため、USDドライブのファイルが誤って削除された場合、Ctrl+Zキーで操作を元に戻すことができます。この方法は簡単で、間違って削除したファイルがUSBドライブに復元されるまで、このCtrl+Zキーを数回連続して押すだけです。

長所
USBフラッシュドライブ上の削除されたファイルを復元する最も簡単な方法
短所
直後に使用する場合にのみ有効です。削除した後、他の操作をすると利用できません。

方法2. コマンドプロンプトを使用してUSBから削除されたファイルを回復する

CMDは、コマンドプロンプトとも呼ばれ、Windowsのインストールには欠かせないものです。Attribコマンドは、ファイルの読み取り専用または隠し属性をクリアすることができます。そのため、CMDを使用して削除されたファイルの回復を試すことができます。

  1. Windowsキー+Rキーをクリックして、実行プログラムを起動します
  2. 「cmd」と入力し、Enterキーを押すと、コマンドプロンプトが表示されます。
  3. 開いたコマンドプロンプトウィンドウで、「chkdsk USBドライブレター: /f.」 を入力しEnterキーをタップします。
  4. 「ATTRIB -H -R -S /S /D USBドライブレター:*.*",」を入力し、Enterキーをクリックします。

適切に実行すると、USB ドライブの新しいフォルダーにあるファイルにアクセスできます。 ファイル拡張子を他のアプリケーションで使用できるように変更することは不可欠です。

長所
オペレーティングシステムに優れた制御を提供します。
サードパーティツール不要。
簡単なコマンドプロンプトインターフェースにより、トラブルシューティングを迅速に解決できます。
短所
コマンドを入力するときは、注意を払う必要があります。
小さなミスがあっても、コマンドプロンプトは機能しません。

方法3. 他の場所からのコピーを確認する

USBディスクの主な機能は、いつでもどこでも使えるように、必要なファイルを保存することです。通常、これらのファイルは私たちのパソコンからコピーされます。そこで、他のストレージ・デバイスにコピーがあるかどうかを確認することで、データの損失を避けることもできます。もちろん、転送完了後に削除されていないことが条件です。ですから、フラッシュドライブのファイルが誤って削除されたことが分かったとき、それが他の場所に保存されていたかどうかを思い出してみてください。

長所
USBドライブから削除されたファイルを復元するために利用可能な方法です。
短所
最新版でない可能性があります。

方法4. 以前のバージョンからUSBから削除されたファイルを回復する

この機能は、最近のすべてのWindowsオペレーティングシステムのバージョン7、8、10、および11で利用可能です。他のツールを使用せずに以前のバージョンの復元オプションを使用して削除されたUSBフラッシュドライブのファイルを回復することができます。この方法は、ファイルを削除する前に、このオプションを有効にした場合にのみ動作します。

  1. USBフラッシュメモリーをデバイスに接続する。
  2. 「This PC」と入力し、スタートメニューにアクセスします。その後、キーボードで、Enterをクリックします。
  3. USBフラッシュドライブを右タップし、プロパティを選択します。
  4. 「以前のバージョン」タブにアクセスし、復元可能な全リストを確認します。以前のバージョンを選択し、「復元」をタップします。
長所
管理し易い。
専門的なソフトウェアを使用する必要がありません。
短所
正確さに欠けます
ファイル履歴を削除している場合は動作しません。

データ復旧サービスによるUSBメモリの復旧

上記の方法がすべて失敗した場合、お近くのデータ復旧サービス業者を探してみるのも良いでしょう。彼らは、データ復元、データ/データベース修復、データベース復号化復元などを専門としています。彼らのラボには、クラス10のクリーンルーム、ロケーター、電子拡大鏡などの磁気ヘッド高度な装置があります。USBドライブが物理的に破損していても、オープンディスク技術により、USBドライブからファイルを取り出すことができます。

長所
ほぼすべてのデータ損失の問題を解決できます。
短所
費用と時間がかかります。
個人情報漏洩の危険性があります

それでもうまくいかない場合は、データ回復プログラムを使用して USB から削除されたファイルを回復することもできます。 運が良ければ、削除されたファイルを見つけることができます!

USBメモリに保存したファイルを保護する方法

誤ってフォルダやファイルを削除のは、多くのPCユーザーでよくあることです。USBから削除されたファイルを回復する方法を探すことは、ユーザーにとって大きななストレスにつながる可能性があります。例えば、重要なオーディオファイルや写真のコピーが入っているUSBドライブであった場合、それを失うことはとても煩わしい体験です。

フラッシュドライブに影響を与えるデータ損失の可能性を減らすために、いくつかの予防策を実践することができます。その一部をご紹介します。

データ消滅を防ぐために破損したフラッシュドライブを修復する方法

USBメモリを長時間使用したり、不適切な操作で破損により、パソコンで開けなくなったり、表示されなくなることがあります。以下の方法で修復して、保存したファイルを回復することができます。

よくある質問

まとめ

USBフラッシュドライブのデータ損失は、大きなストレスを引き起こす可能性があります。データ損失の危険性を減らすために、データを保護するための十分な措置を取ることが重要です。しかし、ファイルを100%保護する信頼できる方法を見つけるのは困難です。

想定しない状況により削除されたUSBから削除されたファイルを回復する必要があるかもしれません。iBeesoftデータ復旧をはじめとする、プロの削除解除またはアンフォーマットフラッシュドライブツールは、データ回復のために世界クラスのサービスを提供しています。データを損失した際は、USBドライブの使用を停止し、iBeesoftを利用して、ファイルを回復することができます。