MacでUSBドライブから削除されたファイルを無料で復元する方法

Robert により 2022 年 9 月 19 日に更新 | Cesar C によって承認されました

ご利用のシステムに関係なく、USBメモリは私たちの日常生活に欠かせない存在です。あらゆるデータを持ち運ぶために使用され、中には、小型デバイスの恒久的な保存ソリューションとして使用する人もいます。あなたが毎日USBドライブを必要とすると仮定します。ファイルが削除されたり紛失した場合、Macからどうやって無料で復旧するかお悩みでしょう。この記事では、ソフトウェアを使用して、または利用せずにUSBフラッシュドライブを回復する方法を紹介します。

クイックナビゲーション
パート1. 誤ってUSBメモリ内のファイルを削除してしまった時の対処法とは?
パート2. ソフトウェアを利用せずにMacでUSBドライブから削除されたファイルを復元する方法
パート3. ソフトウェアを利用してMacでUSBドライブから削除されたファイルを無料で復元する方法
パート4. Mac上のフラッシュドライブからデータを取得する他のフリーウェア
パート5. Macで無料でUSBドライブの復元をできない状況について
パート6. フラッシュドライブのデータ損失を回避するためのヒント
パート7. Macで破損したUSBフラッシュドライブを修復する方法

パート1. 誤ってUSBメモリ内のファイルを削除してしまった時の対処法とは?

Mac上でのUSBドライブの回復のチャンスを最大にし、永久にデータを失わないようにするために、従わなければならないルールを以下に記載します。

これらの「してはいけないこと」と「すべきこと」は、データを失うことなく、後でそのほとんど、あるいは全てのデータを復旧するために重要です。

パート2. ソフトウェアを利用せずにMacでUSBドライブから削除されたファイルを復元する方法

あなたがサードパーティ製のソリューションを利用する前に、データ復旧のためにお使いのMacでデフォルトで提供されるオプションを確認することは良いアイデアです。無料でMac上のUSBドライブから削除されたファイルを回復したい場合は、2つの場所を確認できます。どちらも該当する条件を必要としますのでここで確認しましょう。

1. Time Machineバックアップの使用

Appleは、Time Machineと呼ばれる専用のバックアップツールを使用してコンピュータのバックアップを作成するオプションをMacユーザに提供しています。このアプリはすべてのMacにプリインストールされており、Time Machineでファイルのバックアップを作成した場合、そこから簡単にファイルを見つけることができます。

  1. バックアップを含むドライブをMacに接続します。
  2. 「Time Machine 」アプリを起動します。
  3. 矢印とタイムラインを使って、バックアップファイルを確認します。
  4. ファイルを選択してから、「復元」オプションを選択し、Macに正しくコピーしてください。

ヒント:この方法は、あなたのフラッシュドライブのファイルを失う前にバックアップを作成した場合にのみ動作します。

2. iCloudからデータを回復する

Macのストレージを使ってバックアップを作成したくない方もいるかと思います。その場合は、iCloudバックアップを実施しているかもしれません。そうであれば、iCloudは紛失したファイルを探すのに最適な場所です。オンラインバックアップがあるとどこからでもアクセスできるため便利で、多くのMacユーザーがiCloudを使用しています。あなたがiCloud上で削除ファイルのバックアップを保持していて、iCloudを通じて無料でMac上のUSBドライブからファイルを取得したい場合は、必要な手順は次のとおりです。

  1. ブラウザでiCloudを開き、自分のアカウントにログインします。
  2. 「アカウント設定」オプションをクリックして、iCloud 設定を開きます。
  3. 表示された画面で、「詳細設定」セクションを見つけ、そのセクションで、「ファイルの復元」オプションをクリックします。
  4. システムは、あなたのiCloudバックアップから復元できるすべてのファイルを検索します。
  5. 必要なファイルを選択し、「復元」ファイルボタンをクリックして、それらをMacにダウンロードします。

iCloud ストレージにあるすべてのファイルを取得したい場合は、「すべてを選択」オプションをクリックして、すばやく復元ができます。

パート3. ソフトウェアを利用してでMacでUSBドライブから削除されたファイルを無料で復元する方法

無料でMac上でUSBドライブからファイルを回復するために利用できる最も簡単な方法の一つは、データ復旧ソフトウェアツールです。利用できる選択肢はたくさんありますが、Mac版のiBeesoftデータ復旧は素晴らしい選択肢です。iBeesoftデータ復元Mac 版のもう一つの大きな特徴は、数百のファイル形式をサポートしているので、あまり一般的に使用されていないファイルでも識別して復元することができます。また、このアプリは500MBのファイルを無料で復元することができ、プレビューオプションにより、復元する必要があるファイルと無視したいファイルを確認することができます。また、フォーマットされたディスクからのデータ復旧、またはUSBドライブ、SDカードなどからのデータ復元も無料でサポートしてくれます。

ソフトウェアを使用して無料でMac上のUSBドライブから削除されたファイルを回復する方法:

  1. iBeesoft データ復元 for Mac をダウンロードし、インストールし、実行します。
  2. USBドライブをMacに接続します。
  3. メイン画面で、真ん中の大きな「開始」ボタンをクリックし、復元作業を開始します。また、時間を節約するために特定のファイル種類のみ選択することができます。
  4. 次の画面では、データを復元したいUSBドライブを含むすべてのドライブがリストアップされています。それを選択し、画面左上の「スキャン」ボタンをクリックすると、スキャンが開始されます。
  5. 次の画面で復元可能なファイルがすべて表示され、プレビュー機能を使って、検索したいファイルを決めることができます。
  6. 必要なファイルを選択し、ウィンドウの上部にある「復元」ボタンをクリックして、ファイルをMacに保存します。

無料でMac上のUSBドライブから完全に削除されたファイルを回復を試していて、ソフトウェアにファイルが表示していない場合、このような不明瞭なファイル形式を探すために左上にある「ディープスキャン」ボタンをクリックすることもできます。スキャンに時間がかかることがありますが、すべての回復可能なデータを見ることができるはずです。

パート4. Mac上のフラッシュドライブからデータを取得する他のフリーウェア

iBeesoftは間違いなくあなたの最良の選択肢ですが、他のツールも試すことができます。あなたのオプションを増やすため、検討すべき3つのツールを共有します。

  1. Test Disk Mac版
  2. 無料でMacでUSBドライブから削除されたファイルを無料で復元する際に、Test Diskと競合できるツールはそれほどありません。Test Diskは様々なデバイスやファイルシステムからファイルを回復することができます。もちろん、オープンソースのフリーウェアであることは、いくつかの問題や制限がありますが、それでもあなたの役に立つはずです。

    メリット
    ソースコードも含めて無料
    Windows、macOS、Linuxで動作
    デメリット
    コマンドラインインターフェイスの扱いが難しい場合がある
    データスキャンプロセスが遅い
    ファイルのプレビューはサポート対象外
  3. Exif Untrasher Mac版
  4. メモリカード、メモリスティック、USBドライブなどから削除されたファイルを救出するツールです。また、Macでフォーマットされたディスクからファイルを復元することもできます。

    メリット
    完全無料、無制限
    ほとんどのケースでのファイル復元実績
    デメリット
    画像以外のファイル形式はサポート対象外
    M1 および T2 チップ搭載の Macはサポート対象外
    ファイルのプレビューははサポート対象外
  5. Free Mac Any Data Recovery
  6. この無料のMacデータ復元ソフトウェアは、すべてのストレージデバイスとデータ損失のシナリオの広範囲をサポートしています。誤って削除した場合にデータを回復する可能性が、かなり高いです。

    メリット
    使いやすい
    2つの強力なスキャンモード
    デメリット
    フルバージョンは高価
    ドライブの解析に時間がかかる
    RAIDアレイはサポート対象外

どのアプリがいいのかまだわからないという方は、こちらの比較もご覧ください。

比較すると、iBeesoft データ復元Mac版が最高であることが直感的に分かるはずです。それは、迅速かつ効率的にmacOSでフラッシュドライブをアンデリートおよびアンフォーマットすることができます。

パート5. Mac上で無料でUSBドライブの復元をできない状況について

データ復旧ソフトウェアは、一見不可能に見える多くの状況で無料でMac上のUSBドライブから削除されたファイルを回復するのに役立ちますが、それらにはまだ制限があります。データ復旧の手立てのないシナリオのいくつかは次のとおりです。

パート6. フラッシュドライブのデータ損失を回避するためのヒント

電子機器では、常に最善を望み、最悪の事態に備えることが必要です。特にUSBドライブの場合は、警告なしにいつでも故障する可能性があるため重要です。ファイルを失わないために、以下の簡単なヒントに従って、どんな状況にも対応できるように準備しておく必要があります。

パート7. MacでUSBメモリーの破損を修復する方法

破損したUSBドライブを持っていて、MacでUSBドライブからデータを無料で復元したい場合、使用できるいくつかの方法を以下で共有します。

1. USBドライブがMacに認識されない

外付けドライブが Mac に表示されない理由はさまざまです。以下の方法を試して解決することができます。

2. USBファイルのコピーと編集ができない

USBドライブの内容を変更したり、別の場所にコピーしたりできない場合は、読み取り専用の状態でロックされている可能性が高いです。この問題は、次の手順ですぐに解決できます。

  1. USBドライブを接続し、アイコンが表示されたら右クリックし、ドロップダウンリストから「情報を取得」を選択します。
  2. 「共有と権限」セクションを展開し、ロックアイコンをクリックして認証します。
  3. 「このボリュームの所有権を無視する」というテキストの横にあるチェックボックスにチェックを入れて、処理を完了させます。

ドライブが空の場合は、簡単な方法でフォーマットを行い、読み取り専用の制限を解除することもできます。

3. プロンプトのフォーマットが必要です

このような状況は、USBドライブのファイルシステムが破損している場合、ウイルス攻撃を受けた場合、またはデバイスの不適切な取り外しに悩まされている場合に発生する可能性があります。このような場合、MacはUSBドライブのフォーマットが必要であると警告します。ドライブが空の場合は、ディスク・ユーティリティでドライブをフォーマットすることにより、直接問題を解決することができます。しかし、ドライブに保存する必要のあるデータがある場合は、ディスク・ユーティリティの応急処置オプションの使用を検討するとよいでしょう。

まとめ

USBメモリが最も信頼できる記憶媒体でないことは、すでに証明されています。しかし、他のデバイスにはない目的を果たすため、私たちはさまざまな理由でUSBドライブを必要としています。しかし、これは予防措置を講じ、ドライブを適切に使用し、データの損失を防ぐために定期的にバックアップを取ることによって改善することができます。MacでUSBドライブから削除されたファイルを無料で復元する必要がある人のための最良の選択肢は、無料で利用できるiBeesoftデータ復旧ツールです。

よくある質問