破損したUSBドライブからファイルを復元する方法

ホーム手引きRobertによる更新日:2024-06-05 | Daryl Baxter によって承認されました

USBフラッシュメモリは、データの保存や持ち運びに便利です。どこにでも簡単に、効率的に情報を持ち運ぶことができます。そのため、個人的なファイルや仕事関連の文書を保管するのに最適ですが、潜在的な危険も伴います。最も一般的な問題は、ファイルの紛失やアクセス不能に起因するUSBドライブの破損です。このような問題に直面していて破損したフラッシュドライブからファイルを回復する方法を探しているなら、この記事が最適です。この記事では、必須アイテムの復旧だけでなく、コンピュータに表示されていない場合の修正方法をご紹介します。

クイック ナビゲーション
パート1. USBドライブが破損しているかどうかの確認方法
パート2. フラッシュドライブが破損する原因とは?
パート3. 破損したUSBからファイルを復元する方法
パート4. 物理的に損傷したフラッシュドライブからデータを復元する方法
パート4. 物理的に損傷したフラッシュドライブからデータを復元する方法
パート6. USBフラッシュドライブの破損とデータ損失を防ぐ方法
パート7. よくある質問

USBドライブが破損しているかどうかの確認方法

USBドライブが壊れているかどうかがわからないと、混乱することがあります。そこで、USBメモリが壊れているかどうかを判断するのに役立つサインをいくつかご紹介します。

フラッシュドライブが破損する原因とは?

破損した USB ドライブの原因を特定することは難解ですが、非常に重要でもあります。USBドライブが破損している理由を理解することは、あなたが将来的に同様の問題を回避するための措置を講じたり、ドライブを復元するのに役立つため非常に重要です。考えられる原因には、以下のようなものがあります。

フラッシュドライブが破損の原因がなんであれ、ほとんどの場合、まだ破損したフラッシュドライブからファイルを復旧するチャンスはあります。より効率的にこの作業を完了するために、以下、あなたを助けるために様々なソリューションをリストアップします。

破損したUSBからファイルを復元する方法

USBに保存されている重要なファイルを失うと、特にドライブが破損している場合は、深刻な被害dを受ける可能性があります。幸いなことに、データの復元は可能です。以下の方法を参考にすれば簡単に実行できます

方法 1. CMDを使用してデータを失うことなく破損したUSBドライブを修復する

コマンドプロンプト、もしくはCMDコマンド、Windowsオペレーティングシステムの「MS-DOSモード」です。様々なコマンドを使用して作業を行うことができ、破損したファイルシステムの修復なども可能です。

  1. キーボードのウィンドウキーを押し、CMDと入力します
  2. 「コマンドプロンプト」アプリを選択し、「管理者として実行」をクリックします。
  3. 新しく開いたウィンドウにchkdsk f: /f /rと入力し、処理が完了するのを待ちます。(fは破損したSUBのドライブレターです)
  4. corrupted-usb-drive.jpg
  5. USBドライブを再度開き、中身を確認します。

方法2. チェックオプションでフラッシュドライブから破損したファイルを回復する

Microsoft Windowsは、多くの有用なツールを持つ広範かつ包括的なシステムです。あなたのドライブが破損した場合、保存されたファイルを読み取ることが不可能になります。このツールでエラーを修正し、破損したUSBドライブからファイルを回復するためにそれを使用することができます。

  1. エクスプローラで目的のドライブを探します。
  2. 右クリックして「プロパティ」を選択し、「ツール」タブをクリックし、「エラーのチェック」パネルの「チェック」をクリックします。
  3. 「ドライブのスキャンと修復」をクリックし、ウィザードに従って修復作業を完了させます。

方法3.リカバリーツールによる破損した USB の回復

破損したUSBフラッシュドライブからファイルを回復することは難しく感じるかもしれませんが、安心してください。適切なUSB回復ソフトウェアを使用すると、すぐにあなたのUSBに保存されていた任意の重要なファイルを回復することができます。ここでは、iBeesoft データ復元を使用することができます。信頼性が高く、直感的なユーザーインターフェイスを提供しているので、誰でもすぐに回復プロセスを理解でき、紛失または破損したファイルから情報を簡単に復元できます。

Windows 用のダウンロード Mac 用のダウンロード
  1. iBeesoft 破損したUSB回復ツールをダウンロードし、インストールします。
  2. ソフトウェアを実行し、「設定に移動」をクリックして、不要なデータタイプをフィルタリングします。
  3. スキャンを開始するには、破損したドライブを選択します。
  4. スキャンが完了したら、見つかった項目を選択し、「プレビュー」ボタンを押して確認します。
  5. 破損したフラッシュドライブから見つかったファイルを選択し、それらを保存するために「復元」ボタンをクリックします。

方法4. 修復ツールで破損したUSBドライブからファイルを復元する

高速で信頼性の高い USB 修復ソリューションが必要な場合は、MalvaStyle をお勧めします。これはシンプルなインターフェイスを持つ軽量なツールで、フォーマットせずに破損したフラッシュドライブをすばやく修復することができます。ここでは、その使用方法について説明します。

  1. 破損したUSBドライブをコンピュータに接続します
  2. MalvaStyle USB Repair ツールをダウンロードし、インストールします。
  3. ターゲットドライブを選択し、「修復」ボタンをクリックします。

方法5. バックアップから破損したフラッシュドライブを復元する

ファイル履歴を使用して重要なファイルをバックアップするのを習慣にしている方は、フラッシュドライブが破損したときにこれが役に立ちます。

  1. ドライブ一覧から破損したものを探し、右クリックする。
  2. 「以前のバージョンに戻す」を選択し、最近のバックアップを選択します。
  3. 最後に、「復元」の後ろの三角形のアイコンをクリックし、「復元先」を選択して、バックアップファイルの保存場所を選択します。

以上、破損したフラッシュドライブを復旧する方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?すべて失敗した場合は、ドライブが物理的に破損している可能性がありますので、その場合は次の方法も試してみてください。

物理的に損傷したフラッシュドライブからデータを復元する方法

デジタル・ストレージが普及した今日、物理的に破損したフラッシュ・ドライブのために重要なデータを失うことは、信じられないほど悔しいことです。幸いなことに、ディスクを落としたり、踏んだり、その他の方法で損傷した場合、そのデータの一部を回復することができるかもしれません。成功の鍵は、迅速に行動し、すぐに専門のデータ復旧サービスに連絡することです。サービスの利用方法がわからない場合は、次の方法を参照してください。

  1. Google.com を開き、「データ復旧サービス」と入力します。
  2. スクロールダウンして、地図から最寄りのサービス提供者を表示します。
  3. 一番近いものをクリックし、電話するとスタッフに事情を説明できます。
  4. 破損したUSBからファイルを復元するためのソリューションを相談し、選択します。

コンピュータに表示されないUSBフラッシュドライブを修正する方法

フラッシュメモリーをパソコンに接続しても反応しない場合、壊れたと思うかもしれません。実はこの問題は、あなたの間違った設定が原因である可能性もあります。そのため、Windows11やWindows10でUSBドライブが表示されない問題を解決するには、以下の方法を試してみてください。

方法1. ハードウェアの再スキャン

コンピュータがハードウェアの変更を時間内に検出しない場合、システムはUSBドライブを表示しません。この場合、以下の方法を使用してこの問題を解決し、貴重なファイルへのアクセスすることができます。

  1. デスクトップ上の「このPC」アイコンを探し、右クリックで「管理」 を選択します
  2. コンピュータの「管理」の左パネルにあるハードディスクの管理をクリックします。
  3. 最後に、上部メニューの「アクション」→「ディスクの再スキャン」をクリックします。

方法2. フラッシュドライブを再有効化する

ドライブ管理で外部デバイスを無効にした場合、ドライブリストに表示されません。その場合、外部デバイスを有効にすることができます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「コンピュータの管理」の左メニューにある「デバイスマネージャー」をクリックします。
  2. 「Universal Serial Bus controllers」をクリックし、一覧からUSBマスストレージデバイスを選択します。
  3. 右クリックし、「デバイスの有効化」を選択します。

方法3. ドライバをアップデートする

フラッシュドライブをパソコンに接続しても警告が出たり、表示されない場合は、ドライバのバージョンが古いことが原因である可能性があります。したがって、破損したUSBからファイルを回復するためにドライバを更新することができます。

  1. 「デバイスマネージャー」を開き、「Universal Serial Bus controllers」を探します。
  2. 展開されたプロジェクトを右クリックし、「ドライバ更新」を選択します。
  3. ドライブの自動検索をクリックし、表示される指示に従って更新を完了します。

方法4.ドライブレターの再割り当て

ドライブレターとは、ボリュームやドライブを一意に識別するためのものです。重複している場合は、USBドライブが表示されません。この問題を解決するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. 「Windows + R」キーを押しながら、開いたウィンドウに「diskgmt.msc」と入力します。
  2. ディスクの管理でフラッシュドライブをクリックし、右クリックします。
  3. 「ドライブレターとパスの変更」を選択し、ドライブレターを変更します。

方法5.BIOSでUSBポートを有効化する

マザーボードのボタン電池が切れている場合、BIOSの設定が狂ってしまい、USBポートが使えなくなることがあります。これは、以下の方法で有効にすることができます。

  1. コンピュータを再起動し、起動画面が表示されたら、素早くBIOSショートカットキーを押して、BIOSインタフェースに入ります。(ヒント:メーカーによってマザーボードのショートカットキーが異なるので、わからない場合はメーカーに相談してください)
  2. BIOSインターフェースに入った後、矢印キーを使って、Security >I/O Port Access > USB Portに切り替えます。
  3. Enterキーを押した後に「Enabled」を選択し、F10キーを押して保存します。

USBフラッシュドライブの破損とデータ損失を防ぐ方法

USBフラッシュメモリは、大容量のデータを素早く保存・転送できる有効な手段ですが、その反面、破損しやすいという欠点があります。デバイスに保存されたデータは、読めなくなったり、完全に失われたりすることがあります。幸いにも、破損のリスクを減らすために、できるいくつかの措置があります。

これらの注意点を踏まえれば、USBメモリーの破損やそれに伴うファイルの消失は簡単に回避できるはずです。

よくある質問

まとめ

破損したフラッシュドライブからファイルの復旧は、厄介で時間のかかることですが、適切なアプローチで対応可能です。Windows 11/10とmacOSで破損したUSBからデータ復旧する鍵は、まず問題の原因を特定し、適切な解決策を選択することです。そのために、本記事ではいくつの方法を紹介していますので、大切なデータの復旧にお役立てください。