目次

Mac上で未保存/削除/破損したPowerPointファイルを回復する方法

ホーム手引きRobertによる更新日:2024-07-05 | Daryl Baxterによって承認されました

PowerPointプレゼンテーションの紛失は、それがビジネス会議や学校のプロジェクトに必要な重要な情報が含まれている場合は特に、悪夢に違いありません。誤って削除されたファイル、正しく保存されていないプレゼンテーション、またはプログラムのクラッシュやシステムエラーのための破損などのからの復旧のためにMacユーザーは、いくつかの手段を検討することができます。このガイドでは、Mac上で保存されていない/削除された/破損したPowerPointを回復するために効果的な方法を説明し、あなたの努力が無駄にならないことを保証します。

迅速な行動の重要性

紛失または未保存のプレゼンテーションファイルに対応する際は、迅速に行動することが最も重要です。すぐにMacで保存されていないPowerPointの回復のプロセスを開始することにより、あなたの貴重なデータを復旧できる可能性が高くなります。遅延によりファイルが上書きされる可能性が増し、回復不能になることがあります。したがって、すぐに影響を受けたストレージデバイスの使用を中止し、回復の可能性を高めるために細心の注意を払って次に紹介する手順に従うこと重要です。

Mac上で保存されていないPowerPointの復元

予期せぬ終了やシステムの不具合で、保存していないプレゼンテーションを失うのは悔しいものです。パニックに陥る前に、以下の方法を試してみてください。

方法1:「最近使ったファイル」機能を使う

この機能は、最近のPowerPointの活動を記録します。MacでPPTの回復ソリューションを探しているときに最も簡単な方法です。手順は次のとおりです。

  1. MacでMicrosoft PowerPointを開きます。
  2. 開いたら、画面上部のメニューバーに移動します。
  3. メニューバーの「ファイル」メニューをクリックします。
  4. 最近開いたプレゼンテーションのリストを表示するには、「最近使ったファイル」を選択します。

  5. 保存しなかったものをクリックし、保存し直してください。

ここでプレゼンテーションが見つからなくても、希望を失わないでください。まだ他にも探す方法があります。

方法2:PowerPointの自動保存機能を活用する

デフォルトでは、プレゼンテーションは10分ごとに自動的に保存され、特定のフォルダに一時的に保存されます。そのため、ファイルを閉じていない場合は、あなたの仕事を保存することができます。ここでは、Mac上で保存されていないPowerPointを回復するための手順を紹介します。

  1. 「Command + Spacebar」を押し、Spotlightを検索し起動します。
  2. 「AutoRecovery」と入力し、確認します。
  3. 検索結果から未保存のPPTを見つけます。このフォルダを開いて、さらに多くの項目を表示することもできます。

  4. 別の場所にコピーして開きます。
  5. 上部メニューの「ファイル」をクリックし、「名前を付けて保存」を選択して保存します。

WordやExcelがシステムにインストールされている場合、検索結果に複数の「AutoRecovery」フォルダが表示される場合があります。正確な位置を確認するには、以下の方法も使えます。

  1. Finderを開きます。
  2. 「移動」をクリックし、メニューバーから「Finderへ移動」を選択します。

  3. PowerPointのバージョンに応じて、以下のパスを入力する。

    For PowerPoint 2016 以降のバージョン: /Users/<name>/Library/Containers/com.microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery/
    For PowerPoint 2011: /Users/<name>/Library/Application Support/Microsoft/Office/Office 2011 AutoRecovery/
    For PowerPoint 2008: /Users/<name>/Documents/Microsoft User Data/Office 2008 AutoRecovery/`

    「<name>」をMacのログイン名に置き換えてください。異なるバージョンの自動回復フォルダの場所を理解することは、Macがより速く未保存のPowerPointを回復するのに役立ちます。また、より快適にあなたの仕事を保護するために自動保存時間をカスタマイズすることができます。

    Mac上でPowerPointの自動保存時間を設定するためのヒント

    Mac上のPowerPointの自動保存の時間間隔を設定するには、アプリケーション内の環境設定を調整することができます。以下はその方法です。

    1. 画面左上のアップルロゴの隣にある「PowerPoint」メニューをクリックします。
    2. ドロップダウンメニューから「環境設定」を選択します。
    3. 保存」タブを見つけてクリックします。ここで自動保存の設定を調整することができます。

    お使いのMac上でPowerPointの自動保存の時間間隔を設定することにより、あなたの仕事が定期的に保存されていることを確認することができ、システムクラッシュや不慮のアプリダウンのために保存されていない変更を失うリスクを減らすことができます。この設定は、Macで保存されていないWord文書を回復するためにも利用できます。

方法3:一時ファイルを検索する

Macには、未保存のPowerPointプレゼンテーションを含む一時ファイルが保存されることがあります。これらのファイルを見つけるのは難しいかもしれませんが、あなたの救世主になることがあります。これらのファイルにアクセスするには、以下の手順に従ってください。

  1. 画面右上の「虫眼鏡」アイコンをクリックします。
  2. Spotlightの検索バーに「Terminal」と入力し、Enterキーを押します。
  3. 検索結果のターミナル・アプリのアイコンをクリックして起動します。
  4. 「open $TMPDIR」と入力して確定します。

  5. 開いたディレクトリ内の 「TemporaryItems」フォルダをダブルクリックする。

  6. そのディレクトリでPPTを探し、新しい場所にコピーします。
  7. PowerPointで開き、再保存します。

方法4:クラウドサービスをチェックする

オンラインでPowerPointを使って作業していたり、OneDriveやDropboxのようなプレゼンテーションが自動的に同期されるクラウドサービスを使っている場合、災害が起こる前にファイルがアップロードされている可能性があります。そのため、Mac上で未保存のPowerPointを見つけるために、クラウドアカウントのゴミ箱やバージョン履歴を確認することができます。

方法5:Time Machineバックアップを使う

定期的にディスクをバックアップするように設定されたTime Machineを持っている場合は、Macに保存されていないPowerPointファイルを回復する希望があるかもしれません。しかし、最近のファイルへの変更は欠落している可能性があります。

  1. バックアップ・ドライブを接続します。
  2. PowerPointファイルが保存されたフォルダを開きます。
  3. メニューバーの「時計」アイコンをクリックし、「Time Machineに入る」を選択します。

  4. PowerPointファイルを検索し、復元するためにスナップショットを操作します。

ヒント: できるだけデータ損失を減らすために、PowerPointの「ファイル>バージョン履歴を参照」で最新バージョンを確認することもできます。

方法6:データ復元ソフトウェアを使う

上記の方法が動作しない場合は、iBeesoftデータ復元Mac版のようなサードパーティ製のデータ復旧ソフトウェアの使用を検討することができます。これは、未保存または削除されたPPTファイルをディスクをスキャンし、復元するのに役立ちます。

macOSのための最高のPowerPointリカバリツール

(1597ユーザーより4.8評価)
  • 効果的に様々なストレージデバイスから未保存、削除、またはフォーマットされたファイルを回復することができる高度なアルゴリズムを備えています。
  • MacでのPowerPointの回復プロセスを続行する前に、回復可能なファイルをプレビューすることができます。
  • Mac用の最高の回復ソフトウェアは、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを持っており、あなたのデータを安全に保つために修復とバックアップオプションを提供します。
無料ダウンロード

以下は、Mac上で保存されていないPowerPointを回復する方法のガイドです。

  1. 公式ウェブサイトからiBeesoft データ復元Mac版をダウンロードし、お使いのMacにインストールします。
  2. アプリケーションのアイコンをダブルクリックして開きます。
  3. PPTを紛失したディスクを選択し、「スキャン」をクリックします。
  4. ソフトウェアは、失われたデータを見つけるために選択したドライブをスキャンします。あなたは、回復可能なPowerPointをチェックするために、いつでもそれを一時停止または停止することができます。
  5. スキャンが完了したら、左側のパネルで 「Type > Unsaved Documents」をクリックします。
  6. 上部のフィルターアイコンをクリックし、「ppt/pptx」に切り替えます。

  7. 保存されていないPowerPointを見つけたら、それを選択し、「Recover」をクリックします。

これらの手順を実行することで、Macで保存されていないPowerPointの回復の可能性が高まります。しかし、この手順は、プログラムのクラッシュや不適切なシャットダウンなどにのみ適用されるため、他の理由でファイルが消えた場合は、次のセクションに進んでください。

Mac上で削除/消えたPPTを取得する方法

PowerPointファイルが誤った削除、フォーマット、またはその他のエラーのために失われた場合、まだ希望はあります。ここではその復元方法をご紹介します。

方法1:FinderまたはSpotlightを使う

まずは、基本的なことから始めましょう。「Command + Space」キーを押し、FinderまたはSpotlight検索を起動します。プレゼンテーションのタイトルを入力して、ポップアップ表示されるかどうかを確認します。ファイルが見慣れない場所に保存されていることもあります。

方法2:ゴミ箱をチェックする

PowerPointを削除する際に 「Command + Shift + Delete」キーを使用しない場合は、通常、ゴミ箱に入ります。ゴミ箱を開き、PowerPointファイルを探します。見つかったら、デスクトップまたは元の場所にドラッグして戻します。

方法3:ディスクをスキャンしてみる

このソリューションは、PPTファイルの痕跡を検索し、データ復旧のためのファイルパスとメタデータを再構築するためにドライブをスキャンするための専門的なツールの支援を必要とします。これを行うには、iBeesoftデータ復元Mac版を使用し、Mac上で保存されていないPowerPointを回復するために上記の手順に従ってください。

プレゼンテーションの紛失や未保存の理由が何であれ、上記の方法は役立つはずです。しかし、ファイルが破損している場合、何をすべきでしょうか?心配しないで読み進めてください。

Mac上で破損したPowerPointを復元する方法

何時間もかけて作成したPowerPointのプレゼンテーションを開こうとして、正しい画像が表示されないとイライラするものです。macOSのリカバリーオプションが限られていることを考えると、あなたのイライラはさらに高まるかもしれません。この問題を解決するには、以下の方法を試してみてください。

方法1:PowerPointの内蔵修復機能を使う

  1. MacでPowerPointを開きます。
  2. 「ファイル」をクリックし、破損したPowerPointを見つけるために「開く」を選択します。
  3. 選択し、「開く」ボタンの隣にあるドロップダウン矢印をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューから「開いて修復」を選択すると、PowerPointが自動的にファイルの修復を試みます。

方法2:Keynoteでプレゼンテーションを開く

お使いのMacにKeynote(Appleのプレゼンテーションソフトウェア)がインストールされている場合は、Keynoteで破損したPPTファイルを開いてみてください。Keynoteがプレゼンテーションを開き、正常に変換できる場合があります。

方法3:PDFに変換する

破損したファイルをPowerPointで開き、PDF文書として保存またはエクスポートします。この方法は、プレゼンテーションの内容にアクセスするのに役立ちます。

方法4:オンラインファイル修復ツールを使う

onlinefile.repairpptrepairtoolboxなどのいくつかのオンラインサービスは、破損したPowerPointファイルの修復に特化しています。これらのサービスに破損したPowerPointファイルをアップロードして、復元を試すことができます。

上記は、削除、未保存、または破損しているPPTをMacで回復するためのソリューションです。しかし、これらは救済策にすぎません。データの安全を確保するために、以下の手順に従ってください。

未来のための予防策

予防は治療に勝ります。以下のベストプラクティスを採用し、重要なPowerPointプレゼンテーションを失うリスクを最小限に抑えましょう。

まとめ

あなたの作業成果を失うのは悔しいものですが、ご紹介した方法を使えば、Mac上で保存されていない、紛失した、または破損したPowerPointを多くの場合復元できます。また、ワークフローに予防策を取り入れることで、将来のデータ紛失を防ぐことができ、紛失の心配なく印象的なプレゼンテーションの作成に集中できます。

よくある質問

  • はい、できます!Mac用のPowerPointは、デフォルトでは10分ごとにあなたの仕事のコピーを保存する自動回復機能を持っています。保存されていないPowerPointのリカバリには、アプリケーションを開き、プレゼンテーションの名前に'(自動回復)'とラベル付けされたドキュメントを「最近使ったファイル」の下に確認してください。この機能は、以前に少なくとも一度はプレゼンテーションを保存した場合にのみ動作します。

  • PowerPointが自動的にファイルの復元を行わない場合でも、「自動復元」フォルダにファイルがあるかもしれません。Finderを開き、「Command + Shift + G」を押し、「~/Library/Containers/com.microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery」と入力します。拡張子が「.ppt」または「.pptx」のファイルを探します。ファイルを別の場所にコピーし、PowerPointで開きます。

  • もちろんです。PowerPointを開き、メニューバーの「PowerPoint」をクリックし、「環境設定」を選択します。「保存」をクリックし、「自動回復情報を_分ごとに保存する」を短い間隔に調整します。非常に短い間隔に設定すると、大規模なプレゼンテーションに取り組んでいる場合、Macの速度が遅くなる可能性があるためご注意ください。

  • 自動復元を使用しても解決しない場合は、「/private/var/folders」にある「TemporaryItems」フォルダを確認してください。未保存のパワーポイントが一時的にここに保存されることがあります。少し手間がかかりますが、復元を待っている失われたプレゼンテーションが見つかるかもしれません。

  • もしTime MachineをMacのバックアップに設定しているなら、ラッキーです。PowerPointを閉じてからTime Machineを開き、プレゼンテーションが保存されたフォルダに移動し、スナップショットを探してファイルを見つけます。「復元」をクリックして再保存します。

  • iCloud、Dropbox、OneDriveなどのクラウドサービスに作業を保存している場合、そこにPowerPointプレゼンテーションのバックアップがあるかもしれません。これらのサービスは、通常、一時的に削除された項目を格納するバージョン履歴またはゴミ箱を持っています。そこで、クラウドサービスのウェブインターフェイスで、これらのオプションを確認することができます。

  • これらのソリューションのどれもMac上で保存されていないPowerPointを回復するのに役立たない場合は、Mac用に設計されたデータ復旧ソフトウェアを検討してください。これらのプログラムは、永久に失われたように見えるファイルを取得できることがあります。しかし、彼らはそのコストと潜在的な使用の複雑さのために最後の手段として来るかもしれません。