MacでUSB転送/ファイルコピーを高速化する方法

William により 2023 年 1 月 16 日に更新 | Daryl Baxter によって承認されました

デバイス間でのファイル転送には、USBドライブは優れた選択肢です。しかし、お使いのMacでUSB転送のファイル遅延が発生していませんか?転送に予想以上の時間がかかり、プログレスバーとにらめっこしながら完了を待つのは、とてもイライラします。このような問題を解決するには、Macでフラッシュドライブの転送またはファイルコピーをスピードアップする方法が必要です。この記事では、Macで長時間かかっているUSB転送のを解決するための6つの効果的なソリューションを紹介します。

クイック ナビゲーション
パート1. Macでフラッシュドライブの速度が遅いのはなぜ?
パート2. MacでUSB転送を高速化する6つの方法
パート3. MacでUSBフラッシュドライブをフォーマット/削除した後、ファイルを復元する方法
パート4. よくある質問

Macでフラッシュドライブの速度が遅いのはなぜ?

特に速度が遅い場合、MacからUSBメモリにファイルをコピーするのは面倒な作業です。これは、一般的に次のような理由により発生します。

原因が何かにかかわらず、Macの外付けハードディスクやUSBドライブへのファイル転送を高速化するには、以下の方法を実行することができます。

MacでUSB転送を高速化する方法

USBドライブからMacコンピュータへのファイル転送が遅い場合、イライラするかもしれません。幸いにも、このプロセスをスピードアップする方法がいくつかあります。これらを利用し、できるだけ早くデータの使用を再開することができます。

方法1.低電力モードを無効にする

USBを接続し素早く簡単にファイルを転送できるはずなのに、Macを使用していると時間がかかると感じることがあります。これは、Macのデフォルトである拡張電源管理設定が原因かもしれません。システムはUSBポートを低電力モードにするため、転送速度が大幅に低下します。これを解決するには、「バッテリー」設定を開き、この設定を無効にします。

  1. 画面左上の 「Apple」アイコンをクリックし、「システム環境設定 > バッテリー 」に移動してください。
  2. 左側のオプションから「バッテリー」をクリックし、右側のパネルから「低電力モード」を解除します。

こうすることで、データ転送中もUSBポートがアクティブになりファイルをより速く転送することができます。

方法2.USB3.0対応アダプタに変更する

USBドライブにデータを転送する際に遅延が発生する原因の1つは、USB2.0のペンドライブを使用していることが考えられます。このドライブの最大読み取り容量は、毎秒35Mbです。MacのUSB3.0ポートを使用していても、これが理由で転送速度が遅くなります。この場合、ペンドライブを交換することでしか、速度を改善することはできません。最新のUSB3.0ペンドライブを入手してください。

方法3.USBフラッシュドライブのSpotlightをオフにする

Macで USB転送が非常に遅いもう一つの理由は、Mac OSに存在するSpotlight機能によるものです。Spotlightは、OSが情報を検索するのに役立つ索引ツールです。この機能は全てのアイテムがどこにあるかを把握し、簡単に検索することを可能にします。しかし、この機能はフラッシュドライブの性能を低下させます。Spotlightを無効にすることで、USBドライブの転送速度を向上させることができます。以下の手順に従ってください。

  1. 「システム環境設定」を開き、「Spotlight」を選択します。
  2. ウィンドウから、「プライバシー」タブをクリックします。
  3. 下部の「+」をクリックして、USBドライブを追加します。次にUSBドライブを接続すると、Spotlightはストレージデバイスを無視し、転送速度が向上します。
  4. ドライブを再び挿入すると、「Spotlight」はストレージデバイスを無視し、MacでのUSB転送のスピードが向上します。

方法4.USBドライブのファイルシステムを修復する

ドライブを何年も使い続けると、不良セクタや論理エラーが表示され、その読み取り、書き込み、および転送速度に影響を与える可能性があります。通常、ディスクユーティリティを使用して、MacでのUSBからの転送/ファイルコピーを高速化することができます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「アプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティ」を選択します。
  2. 左側の外付けドライブを選択し、ウィンドウ上部の 「First Aid」をクリックします。
  3. ポップアップで「実行」をクリックし、ボリュームエラーの確認と修正を行います。

この方法は、MacでSDカードが表示されないのを修正することもできます。

方法5.USBのファイルシステムをAPFSに変換する

MacでUSBの転送が遅いのは、ファイルシステムが原因かもしれません。ドライブがFAT/exFATの場合、macOSでの読み込みには時間がかかります。Mac専用のファイルシステムであるAPFSに変換することで、USBドライブや外付けハードディスクの性能を最大限に発揮させることができます。ただし、変換するとWindows PCでは認識されません。もし、あなたのドライブが他のシステム上で動作する必要がある場合は、USBコピーの速度向上のために他の方法を試してみてください。

: ファイルシステムを変換すると、フラッシュドライブに保存されているすべてのデータが消去されます。そのため、開始する前に別の場所に転送してください。

  1. USBドライブをMacに接続し、「ディスクユーティリティ」を起動します。
  2. 左側のリストからドライブを選択し、トップメニューの「パーティション」をクリックします。
  3. フォーマットオプションで「APFS」を選択し、サイズをドライブの容量に設定します。
  4. 「後で決定」をクリックすると、ファイルシステムの変換が開始されます。
  5. しばらく待ってから、「完了」キーをクリックするとMacでのUSB転送速度の問題が解決します。

方法6.デフラグのためにフラッシュドライブをフォーマットする

USBドライブを長期間使用している間にデータの削除と保存を繰り返すと、ディスクの断片化が起こり、Macがデータにアクセスする速度が遅くなることがあります。Macの外付けハードディスクへのファイル転送を高速化するために、この断片化を解消することができます。この作業により、すべてのアイテムが削除されますので、バックアップをとってください。

  1. 「ユーティリティ」から、「ターミナル」を起動します。
  2. diskutil list」と入力します。Macに接続されているすべてのディスクが表示されます。
  3. diskutil eraseDisk FAT32 MBRFormat /dev/disk*」 (*はフラッシュドライブに割り当てられた文字) を入力します。
  4. 「リターン」を押して、消去作業を開始します。

これらのソリューションは、USB転送時間を大幅に短縮し、安心して作業を完了することができます!

MacでUSBフラッシュドライブをフォーマット/削除した後、ファイルを復元する方法

Macで外付けハードディスクへのファイル転送を高速化する際に、重要なデータのバックアップを忘れたり、省略したりすると、それらが消えてしまうことになります。心配しないでください。Mac版iBeesoftデータ復元を使用して、それらを復旧することが可能です。

この 無料のUSB復元ソフトウェアは、最新のテクノロジーとアルゴリズムを用いて、ドライブにダメージを与えることなくコンテンツを復元することができます。このソフトは、簡単な手順でUSBの削除の解除やフォーマットされたフラッシュドライブからファイルを回復するための簡単なソリューションを提供します

  1. USBドライブをMacに接続します。
  2. 削除の解除・アンフォーマットUSBツールをダウンロードし、インストールします。
  3. デフォルトでは、すべてのファイルタイプを復元します。重要なオフィスドキュメントのみを復旧したい場合は、その他の選択を解除してください。その後、「開始」ボタンをクリックしてください。
  4. 次のウィンドウで、フラッシュドライブを選択し、「スキャン」ボタンをクリックします。
  5. 必要なファイルをすべて選択し、「復元」をクリックして保存します。

もし、紛失したアイテムを完全に復元できない場合は、「ディープスキャン」モードを使用することができます。Mac版iBeesoftデータ復元はセクターごとにスキャンを実行し、より多くのファイルを復旧します。

よくある質問

多くの Macユーザーは、転送が遅いUSBの問題に直面したことがあるかと思います。イライラする問題ですが、トラブルシューティングを行い、問題を解決するための手順があります。特定のハードウェアの非互換性によって転送速度が制限されることがありますが、多くの場合、予想以上に遅いデータ転送の原因は、設定または誤った設定オプションに起因する可能性があります。以下は、MacでのUSB転送速度に関するよくある質問です。

まとめ

MacでのUSB転送の速度の低下は、特に大きなファイルを転送するとき、ほとんどのユーザーにとって常に大きな問題です。幸い、上記の方法を行うことで、転送速度を改善することができます。しかし、フォーマットやファイルシステムの変換オプションを選択する前に、バックアップを作成することを忘れないでください。ファイルが失われた際、無料でMacのUSBドライブから削除されたファイルを回復できるiBeesoftデータ復旧を試してみてください。